忍者ブログ
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「モノグラム」や「ダミエ」をはじめ、ヴィトンのデザインには東洋のジャポニズム文化から影響を受けてきたものがあることはよく知られていることです。芸術に国境はないように、“美”に対する意識もやはり国境を越え、民族を越え、時には時代を越えて影響を与え合います。

“モノグラム・ウォーターカラー”はブラックとホワイトのそれぞれのキャンバス地に、17色の色彩を用いて水彩画風にモノグラム柄を描いた、アーティスティックなデザインが魅力のシリーズです。2008年の春夏コレクションとして発売され、発売と同時高い話題性を呼んだ“モノグラム・ウォーターカラー”。

アメリカを代表するアーティストデザイナーのリチャード・プリンス氏がヴィトンとのコラボレーションによって生み出しました。このラインを発表した2008年は、このウォーターカラーのシリーズをはじめ、モノグラモフラージュ、タイシエンヌ、ダミエ・グラフィット、モノグラム・シマー、マヒナと、実に意欲的に新デザインが立て続けに発表された年でもあります。

モノグラム・ウォーターカラーは、ヴィトンの定番アイテムである「スピーディー」と「パピヨン」、そして「ジャメ」にデザインを限定して発売しました。その他には小物類として、レディス用ベルト「サンチュール」やスカーフなどが作られています。ブロン(ホワイト)地に17色の澄んだ色彩が彩るモノグラム柄は、これまでにない幻想的な美しさをアピールしており、透明感のある明るいカラーと色彩デザインがとても神秘的な魅力を放っています。

対してブラック地に描かれたパターンにおいては、キラキラと輝く夜の街のような魅惑的なデザインで見るものを惹き付けます。あえて不規則なパターンを採用することで不調和の美を再現した、高い芸術性を追求するヴィトンならではのシリーズと言えるでしょう。
PR
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
P R

忍者ブログ [PR]
 Template by repe