忍者ブログ
[17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夏になると気になるのが、汗や汗のニオイですよね。

サラサラの汗は無臭と言われていますが、もしアナタが“ドロドロの汗”をかき、それを放置しているようだと、気づかない間にニオイを発しているかも……!

オフィスや電車の中、家庭内でも、「クサい……」と思われてしまうのは悲しすぎなので、何とか対策をとりたいものですね。

そこで今回は、“主婦の友社編”の本『気になる「臭い」がみるみる消える100のコツ』と『WooRis』の過去記事を参考に、“お風呂でできる体臭予防テク”をご紹介します。



■1:夏でも湯船につかる

汗をかいても臭わない汗にするためには、常日頃から“いい汗”をかいていることが重要! 夏ですと、湯船につからずシャワーだけで済ませてしまいがちですが、それは予防効果激減です。

“熱いお湯につかる”、“ぬるめのシャワーを浴びる”を交互に繰り返すと、汗をたくさんかけるようになってきますよ。



■2:ムダ毛の処理は確実に

ワキ毛が多いと毛根も多くなり、ニオイのもととなる“アポクリン腺”の数も多くなるといいます。

したがって、ワキ毛がボーボーの状態ですと、雑菌が繁殖しやすい環境を作り、ニオイやすくなってしまいます。お風呂に入ったら、ムダ毛の処理は確実にやっていきましょう。



■3:お風呂の中に酢を入れる

同著によれば、汗の臭いを予防するのに効果的なのが、“酢”なのだとか。酢をお風呂の中に入れることで、皮ふの雑菌の繁殖を防ぎ、発汗作用もあるため、いい汗をかけるようになってくるとのこと。

醸造酢であれば、お風呂の湯に対してコップ1杯の酢を入れるといいそうです。なお、酢を入れた場合には、入浴後すぐに流すようにしてくださいね。



■4:お風呂の中に米のとぎ汁を入れる

酢のほか、“米のとぎ汁”も体臭予防となるようです。

同著によれば、

<米のとぎ汁は、酵素の働きによって、脂肪分やアカを分解する効果をさらに高めてくれるのです。>

とのこと。

米のとぎ汁であれば、お金もかからず経済的ですね。美容成分もたっぷり含まれているので続けていると、ニオイが予防できるだけでなく、いつの間にか“ツルスベ肌”にもなれていることでしょう!



いかがでしたか?

どれも手軽にできることですので、お風呂に入ったら実践しつつ、汗をかいてもニオわないボディを目指していきましょう。ご参考にしてみてくださいね。
PR
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
P R

忍者ブログ [PR]
 Template by repe